ポートウェルジャパンのブログ

  • ホーム
  • ブログ
  • 【展示会レポート】リテールテック2023に出展いたしました!
展示会

【展示会レポート】リテールテック2023に出展いたしました!

【展示会レポート】リテールテック2023に出展いたしました!

こんにちは。事業開発部・マーケティング担当の立原です。

 我々ポートウェルジャパンは去る2023年2月28日(火)~3月3日(金)に、東京ビッグサイトにて開催された『第39回流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN 2023」』に出展いたしました。




▼ブース全景はこちら!▼


– 出展製品のご紹介 –

 今回は「スマートリテール・ITの力で省人化」をテーマに、iMotion Group(出展当時:2023年10月よりiMozenに社名変更)、XEMA、ポートウェルジャパンの3社で合同出展を行いました。

 ここからは、各社の出展製品をご紹介致します!

– iMotion Group(出展当時:2023年10月よりiMozenに社名変更) –



 社名のiMotionは「アイモーション」と読みます。
 ※2023年10月にiMozen(読み:アイモーゼン)に社名変更しました。
 Android OS搭載のハンディーターミナルを3機種展示いたしました。


 ■ハンディーターミナルTC601

 ■ハンディーターミナルTC603

 ■ハンディーターミナルMC432



 また、各分野での導入事例に加え、モバイルデバイス管理ソフトウェア「MDM(Mobile Device Management)」及びソフトウェア追加キット「SEK(Software Expantion Kit)」のご紹介をいたしました。

 IP規格への対応や落下試験やゴリラガラス採用による画面割れへの耐性など、業務用途にマッチしたタフな仕様を備えつつ、軽量さとスタイリッシュさをも兼ね備えている点など、ご好評をいただきました。

– XEMA –



 XEMAは「ゼマ」と読みます。
 iPhoneやiPadなどのApple製品にアタッチメントとして取り付けて使用できるバーコードリーダー、RFIDリーダー、クレジット決済端末を展示いたしました。


 ケースと各アタッチメントがモジュール形式になっており、iPhoneの機種変更などが発生してもバーコードリーダー部分を買い替えることなく、同じリーダーを使い続けることができます。
 また、モジュールの付け替えにより、バーコードリーダーをRFIDリーダーや決済端末に瞬時に切り替えることも可能です。

 そして他社製品にはないクレジット決済機能(タッチ・IC差し込み・磁気テープスワイプ)について非常にご好評いただき、多くのお引き合いを頂きました。

 日本語版製品資料をご用意いたしました!
 価格等はプロジェクトに応じて都度お見積りさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。

 iOS用バーコードスキャナ「X70」

 iPad用決済端末「X72」

 iOS用バーコードスキャナ「X73」

 iOS用決済端末「X74」

 iOS/Android対応・UHF帯RFID/バーコードリーダー「X80」

– ポートウェルジャパン –




 ポートウェルジャパン株式会社は、下記4製品を展示いたしました。


 ■産業用WindowsタブレットPT-116

 ■GPU搭載可能産業用PCRS4U-MX1-D

 ■産業用ラズベリーパイKUBER-1000

 ■産業用NUCサイズPCRICH-61D0

 低価格製品からハイスペックな製品まで幅広く展示し、様々な用途で活用を検討いただくことができました。

 各製品ページより、当日お配りしていた製品資料のPDF版をダウンロードいただけます!


今後もポートウェルジャパンとして展示会の出展は多数ございます。
今回お会い出来なかった皆様とも次回お会いできることを楽しみにしております。

展示会・出展製品に関するお問い合わせはこちらから。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

PAGE TOP
footer_ico
Copyright © Portwell Japan, Inc. All rights reserved.