ポートウェルジャパンのブログ(仮)

  • ホーム
  • ブログ
  • 【展示会レポート】ET & IoT Technology 2018に出展いたしました!
展示会

【展示会レポート】ET & IoT Technology 2018に出展いたしました!

【展示会レポート】ET & IoT Technology 2018に出展いたしました!


こんにちは。事業開発部の立原です。

 我々ポートウェルジャパンは去る2018年11月14日(水)~16日(金)に、パシフィコ横浜にて開催された『ET & IoT Technology 2018』に出展いたしました。

今回の展示会のコンセプトである、ET x ET(Embedded Technology x Edge Technology)に沿って、エッジコンピューティングに焦点を当てた製品を展示致しました。

ブース全景はこちら↓


 おかげさまで、ご覧の通り多くの来場者様がポートウェルジャパンブースにお立ち寄りくださいました。

出展製品のご紹介

 今回は、下記の展示を実施いたしました。

 ・FPGAアクセラレーションカード
 ・究極のエンドポイントセキュリティ『AppGuard』
 ・CANON 3Dマシンビジョンシステム専用PC
 ・Edgecross対応PC
 ・海外認証取得PC
 ・分散処理型オブジェクトストレージ
 ・産業用ボックスPC/ファンレスPC
 ・産業用タッチパネルモニタ/パネルPC

展示内容のご紹介

 各展示品について、簡単にご紹介させて頂きます!

FPGAアクセラレーションカード


 今年の展示会で何度か展示をさせて頂いている製品になります。

 こちらの描画する際に非常に複雑な計算が行われるため処理能力が必要となるマンデルブロ集合を、「CPU単体」「CPU+FPGAによるアクセラレーション」をリアルタイムで切り替えて描画することにより、FPGAアクセラレーションカードの能力をご確認いただくことが出来るデモンストレーションになります。

 エッジ側での処理能力向上はもちろん、サーバーに搭載し処理をオフロードさせるSmartNIC用途にも活用が期待されている製品です。

究極のエンドポイントセキュリティ『AppGuard』/ CANON 3Dマシンビジョンシステム専用PC


 ・究極のエンドポイントセキュリティ『AppGuard』
 これまでの「検知型」セキュリティとは全く異なる「OS Protect型」のエンドポイントセキュリティソフトウェアです。

– 主な特徴 –
 ①エンジンが1MB以下で軽快に動作
 ②ディスクスキャンが不要でシステムに負荷がかからない
 ③定義ファイルの頻繁なアップデートが不要
 ④システムの安全性が確保されるため、緊急対応が不要


製品ページはこちら


 ・CANON 3Dマシンビジョンシステム専用PC

 CANON製3Dマシンビジョンシステム「RVシリーズ」の制御用に最適化されたシステムです。
動作に必要なスペックを満たしているのはもちろん、拡張カード・OS・ソフトウェアまで全てセットアップされており、購入後すぐにマシンビジョンシステムを使用することが出来ます。


製品ページはこちら

Edgecross対応PC / 海外認証取得PC



 ・Edgecross対応PC

 FAとITとの協調を実現するオープンな日本発のエッジコンピューティング領域のソフトウェアプラットフォームである『Edgecross』の動作認証を取得したPCになります。

対応機種は下記2製品。
 RS4U-1703PJI-CCC
 RS4U-8172-M2M

Edgecrossのプリインストール出荷も承っております。

 ・海外認証取得PC

 中国CCC認証を取得したPCと、韓国KC認証を取得したPCです。

中国CCC認証取得:RS4U-1703PJI-CCC
韓国KC認証取得:WEBS-2190RICH-33B0-8171

近年工場ラインの新設や設備投資が増えている中国・韓国へスムーズに輸出いただけます。

分散処理型オブジェクトストレージ『CMVL-1U12B』



 1Uの筐体に12個のHDD/SSDと12個のARMマイクロサーバーを搭載し、高い集積率を誇るオブジェクトストレージ向けハードウェアプラットフォームです。これまでの中央集権型ストレージサーバーと比較し、大幅なコストダウンを実現出来ます。
 今回のデモ展示はオープンソースの分散ストレージ・ソフトウェア「Ceph」を使用し、オブジェクトストレージを構築し動作させています。

本製品はエッジ側というよりはクラウド寄りの製品ですね。


製品ページはこちら

産業用ボックスPC/ファンレスPC



 ブース中央のポートウェルのコーポレートカラーである紫のLEDライトが輝くテーブルには、産業用ボックスPCを展示しておりました。
 超小型のIoTゲートウェイから、Intel® Core™プロセッサを搭載しハイスペックなファンレスPC、拡張スロットを複数持つ製品まで、エッジコンピューティングに最適な多種多様な製品を展示致しました。

ボックスPCのカテゴリページはこちら

産業用タッチパネルモニタ/パネルPC



 ブース奥の壁面に、産業用パネルPCと高堅牢性タッチパネルモニタを展示致しました。
 抵抗膜方式/静電容量方式のラインナップはもちろん、IP65準拠や-25℃~70℃の広い動作温度範囲を持つ製品など、産業グレードの製品を取り揃えております。

左上:COMBO-S1020(i.MX6搭載HMI)
右上:MD-150R(高堅牢性産業用タッチパネルモニタ)
中央:FUDA2-S1921(Intel® Atom®プロセッサ搭載パネルPC)

パネルPCの製品一覧ページはこちら
タッチパネルモニタの製品一覧ページはこちら



2019年以降の展示会出展も続々と計画しております。みなさまとまた展示会の場でお会いできる日を楽しみにしております。

展示製品等に関するお問い合わせや営業の訪問依頼はこちらから↓

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

PAGE TOP
footer_ico
Copyright © Portwell Japan, Inc. All rights reserved.