ニュース

  • ホーム
  • ニュース
  • 【新製品】超小型ファンレスボックスPC「KUBERシリーズ」をリリース

【新製品】超小型ファンレスボックスPC「KUBERシリーズ」をリリース

プレスリリース
2019年10月9日


ポートウェルジャパン株式会社は、手のひらサイズの超小型ファンレス設計のボックスPC「KUBERシリーズ」をリリース致します。



KUBERシリーズは高さ10センチ以下の超小型、USFF(Ultra Small Form Factor) IPCです。手のひらサイズでファンレス構造、EMIやEMSの厳しい要求にも対応出来ます。PLCコントローラーやIoTゲートウェイ、エッジサーバーなど、様々な用途に適しています。



 産業用マザーボード・産業用PC市場のリーディングカンパニーであり、Intel® Internet of Things Solutions Allianceのアソシエイトメンバーであるポートウェル社の日本支社であるポートウェルジャパンは、開発コードネーム:Apollo Lakeで知られるIntel® Celeron® N3350プロセッサを搭載しエンベデッドシステムに最適な超小型ファンレスボックスPC「KUBERシリーズ」をリリース致します。


 KUBERシリーズは、堅牢性のあるファンレス筐体の中に最新のIntel® Celeron® N3350プロセッサと4GBメモリ(LPDDR4 2400MHz)を搭載しています。このコードネーム:Apollo Lake世代のプロセッサは、CPU処理能力は前世代比で30%向上、インテル第9世代のグラフィックエンジンは12個の実行ユニットを搭載し4K出力にも対応し、前世代比で45%のグラフィック処理能力の向上を果たしています。さらにKUBERシリーズのTDPは10W以下(仕様による)、電源はDC 12V~30V (+/-20%)の広範囲の入力に対応しています。

 IoTゲートウェイやエッジコンピューティングに関連するローカルでのデータ収集端末としての活用を想定し、KUBERシリーズはギガビット・イーサネット(Intel® I210)を2ポート、USB3.0を2ポート、ストレージとしてeMMC 32GB(オプションで最大256GBまで搭載可能)、M.2 Key-E Type-2230をWiFi等のモジュール搭載用に用意しております。

 過酷な環境での使用に耐えうるよう、KUBERシリーズは工業環境向けの要件である、EN 61000-6-4(EMI)とEN 61000-6-2(EMS)、更に一般的な産業基準であるEN 61000-6-1にEFT、CS、PFMFの基準が追加されたIEC 61000-4-4,4-6,4-8に適合しています。これにより、KUBERシリーズはプラントやプロセスモニタリング、環境管理やプロセスの可視化といったアプリケーションにも適合するソリューションとなります。


 ソフトウェア面では、OSとしてWindows 10 IoTとYocto Linuxに、SGETのUIC(Universal IoT Connector)用eAPI、Microsoft Azureに対応し、様々な用途に使用出来る柔軟性を持っています。

KUBER-2000シリーズは、インダストリー4.0やIoTの様々なアプリケーションのためにデザインされた、新世代の産業用PCです。KUBER-2000シリーズのエコシステムを活用すれば、貴社独自のソリューションを構築する際に最小限の投資で市場投入までの時間を短縮できます。KUBER-2000シリーズには、エッジコントローラー(KUBER-212A)、AGVコントローラー(KUBER-212B)、PoEゲートウェイ(KUBER-212D)、ソフトPLC(KUBER-212E)、IoTゲートウェイ(KUBER-212G)といったすぐに活用できるソリューションをご用意しています。

KUBER-2000シリーズのカタログはこちら!

製品ラインナップ

KUBER-2110



最小構成モデルです。99mm(W) x 46mm(H) x 92mm(D)の超小型サイズにLAN2ポート、USB3.0を2ポート、DisplayPortを搭載しています。

KUBER-212A



– エッジコントローラー –
絶縁LANポートと絶縁COMポート(RS-232/422/485, BIOS選択可)を追加したモデルです。 サイズは99mm(W) x 63mm(H) x 92mm(D)です。

KUBER-212B



– AGVコントローラー –
LANポートに加えCANバス、GPIOを追加したモデルです。
miniPCIe(mSATA共用)とM.2 Key-E Type-2230スロットも追加されています。

KUBER-212D



– PoEゲートウェイ –
PoE対応LANポートを3つ追加したモデルです。3ポート合計で31Wまで電源供給可能です。

KUBER-212E



– ソフトPLC –
COMポートを2つ追加したモデルです。1つはRS-232、もう1つはRS-232/422/485の切り替えが可能です。
miniPCIeとM.2 Key-B Type-2242スロットも追加されています。

KUBER-212G



– IoTゲートウェイ –
USB2.0を4ポート、COMポートを2つ追加したモデルです。
miniPCIeとM.2 Key-B Type-2242スロットも追加されています。

KUBER-2000シリーズのカタログはこちら!

ブログ記事掲載しました!ぜひ合わせてご覧ください。




製品に関するお問い合わせはこちらから

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

ポートウェル社について

ポートウェルは、IPC製品(SBC、バックプレーン、冗長化電源、ラックマウントシャーシ、マザーボードなど)、ARMなど組み込みアーキテクチャソリューション、DVRプラットフォームやクラウドストレージサーバーなど、幅広い製品の設計・製造を手がけている、Intel® Internet of Things Solutions Allianceのアソシエイトメンバーです。
当社は、完璧なR&Dチームとプロジェクトマネジメント能力を有しており、お客様の製品の市場投入期間を短縮し、プロジェクトのリスクとコストの低減に寄与します。ポートウェルはさらに、ISO13485、ISO9001、ISO14001認定企業であり、製品設計、検証、量産サイクルをすべてを通じた品質が保証されています。


Intel® and Celeron® and Pentium® are trademarks of Intel Corporation in the United States and other countries. All other products and company names referred to herein may be trademarks or registered trademarks of their respective companies or mark holders.


【ニュースリリースに関するお問い合わせ先】
ポートウェルジャパン株式会社
東京都文京区千石4-27-10
担当者:立原
TEL: 03-6902-9225
E-mail: ktachihara@portwell.co.jp
PAGE TOP
footer_ico
Copyright © Portwell Japan, Inc. All rights reserved.