ソフトウェアAppGuard(アップガード)|革新的エンドポイントセキュリティ

FEATURES 特徴

平成30年度版
内閣サイバーセキュリティーセンター
ガイドライン完全適合製品!

超軽量でシステムを守り続ける新概念「OS Protect型」





従来の「検知型」とは全く異なる新概念「OS Protect型」でシステムを守ります。

– 主な特徴 –
・過去20年間以上一度も破られたことがない
・米国国家機関での採用実績
・米国陸軍並びにアメリカ国防省 (Department of Defense) の高水準なセキュリティ・スタンダードを満たしたことを示す「CoN認証」を取得。
・ウイルス定義ファイルやエンジンアップデートの更新不要
・エンジン部分は1MBの超軽量システム
・Set and Forget – 一度インストールすればシステムを守り続ける。
従来の「検知型」セキュリティ
パターンマッチングやサンドボックス、振る舞い検知やホワイトリスト、AI・機械学習など、これまでのマルウェア対策は全て「検知型」です。
「過去の脅威情報」を元にマルウェアを「検知」するため、未知のマルウェアに対応しきれません。そのため、頻繁な定義ファイルのアップデートが発生し、アップデートの度に動作が重くなったり、作業が中断されたりといった弊害が発生します。

「検知型」セキュリティを使っている限り、100%の検知は不可能、常にいたちごっこの状態です。
AppGuardの革新的新概念「OS Protect型」
AppGuardはこれまでの「検知型」とは全く異なり、攻撃の段階で脅威を遮断する革新的な特許取得済み、過去20年間以上一度も破られたことのないエンドポイントプロテクション製品です。

5つのGuard機能で未知、ゼロデイ、既知に関わらず未然に不正行為を阻止し、システムの安全性を確保します。

①OS Operation Guard:OSレジストリ・設定変更を阻止しOS動作を防御
②System Space Guard:システムスペースの改ざんを阻止
③Advanced Memory Guard:アプリケーションメモリの読み書きを阻止
④Tamper Guard:AppGuardの停止、アンインストールを阻止
⑤Critical Data Guard:重要データへのアクセス・読み込みを阻止
AppGuardは製造業・IoT・エッジコンピューティングに最適

AppGuardが最適な理由。
・定義ファイルのアップデート不要
  =ネットワーク環境のない工場ライン等でも防御します。
・ディスクスキャンが無く、軽量動作
  =装置やデバイスの動作に影響しません。
・検知型ではない新概念『OS Protect型』
  =一度インストールするだけで、システムを守り続けます。アップデートなどの煩雑な管理は不要です。
ポートウェルジャパンでは、産業機器、IoT/エッジコンピューティングデバイスに最適なポリシー設定をし、
AppGuardを弊社製品にプリインストールした状態でご提供いたします。
下記フォームよりぜひお気軽にお問い合わせください。

SPECIFICATION 仕様

小カテゴリー革新的エンドポイントセキュリティ

ACCESSORY アクセサリ


フライヤーのダウンロードは下のサムネイルをクリック。

お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

PAGE TOP
footer_ico
Copyright © Portwell Japan, Inc. All rights reserved.