ポートウェルジャパンのブログ(仮)

製品紹介Tips

ご存知ですか?CCC認証PCの制限

ご存知ですか?CCC認証PCの制限

こんにちは。事業開発部の立原です。

みなさまは国内で組み上げた装置を海外に輸出することはありますか?

弊社はFA系ユーザー様も多くいらっしゃいます。近年、中国に工場ラインを設け、そこに装置を納められるユーザー様も増えており、CCC認証のお話をいただくことも増えてまいりました。これまでは泣く泣く辞退させていただくこともあったのですが、皆様のご期待に応えさせていただく形で、この度ポートウェルジャパンでは中国CCC認証を取得した産業用PCを開発いたしました!

・CCC認証とは?

CCC認証(China Compulsory Certificate system、中国強制製品認証制度、3C認証)は、中国国内に輸入される製品に対して、国内の安全基準に適合し、輸入が認められるかを中国政府によって審査され認証が与えられる制度です。
CCC認証を取得していない製品は、中国への輸出及び中国国内での流通が不可能となります。

・中国輸出の際に必要なものは?

PCを中国に輸出する際に必要な書類は二点です。
  1. CCC認証取得証明書
  2. 該非判定書
 CCC認証取得証明書については、製品ページよりダウンロードが可能です。
 該非判定書については、お客様より輸出に関する情報を提供いただき、弊社で作成する必要がございます。お手数お掛けしますが、営業担当者あるいはご購入いただいた販売店様経由でご依頼ください。

・CCC認証の範囲内でどこまでカスタマイズが可能?

CCC認証取得製品であっても、特定の範囲内であればパーツの変更対応が可能です。
基本的には標準構成での販売とさせて頂いております。
構成部材の変更については、案件・プロジェクトベースでの対応となります。

1.拡張カードの追加は不可。
CCC認証ではEMC試験も実施しています。リアスロット部の開口部が変わってしまうと、その結果も変動してしまうため、カードを追加しての出荷は不可です。
同梱して出荷いただき、中国現地での組み込みをお願い致します。

2.COM/USB等リアI/O部へのブラケット追加は、不可。
No.1 拡張カードの追加と同様にEMCに影響が生じるため、中国現地での取り付けをお願いします。

3.電源の変更は、不可。

4.CPUファンの変更は、不可。

5.AC Cableの変更は、不可。

6.光学ドライブの追加搭載は不可。
光学ドライブが必要な際はUSB接続タイプをご用意頂いております。

7.HDDの追加は可能。HDDの容量変更も可能。

8.HDD→SSDへの変更可能。

9.メモリの容量/本数変更は可能。

10.CPUについて、定められた範囲での変更は可能。
標準搭載:Core i5-6500 (4Core / 4Thread, 3.2GHz)

現時点で変更可能なCPU:
  • Core i7-6700(Skylake)
  • Core i7-6700TE(Skylake)
  • Core i5-6500TE(Skylake)
  • Core i5-7500(Kabylake)


  • 11.シャーシ色の変更は50台ロットからお請け出来ます。

    12.ロゴの追加は、ロゴ寸法などによります(応相談)。

    ・中国輸出後のサポート体制は?

    中国輸出を正面からスムーズに行える本製品。輸出の壁を超えた後はサポート体制が課題となります。
    本製品は、ポートウェルのワールドワイドなネットワークを活かし、中国国内での修理対応を可能としています。
    ポートウェル上海で修理受付をし、修理は北京、上海、深圳いずれかの拠点にて対応致します。
    詳細は製品ページを御覧ください。

    ・最後に

    製品試験や毎年の工場監査など、取得までのハードルが高いCCC認証を取得している本製品。
    認証の範囲内で柔軟なカスタマイズにも対応致します。コンパクトな筐体にフルサイズATXマザーボードを搭載した本製品は、CCC認証を取得した製品としてのみならず、拡張性/堅牢性の高い産業用PCとしてもご活用いただけます。
    また本製品は、日本国内に在庫を保有しておりますので、短納期でお届けすることが出来る即納PCとしてもオススメしております。
    案件により評価貸出等も対応可能ですので、ぜひ一度ご検討ください。

    CCC認証取得済みPCの詳細はこちらから↓
    PAGE TOP
    footer_ico
    Copyright © Portwell Japan, Inc. All rights reserved.