クラウドストレージ

CLOUD STORAGE クラウドストレージ

今現在、我々を取り巻くIT環境は日進月歩で激動しています。大きな要因としてはIoT、M2M、AI、Deep Learning等の概念が浸透した事によりデータ集積・分析の重要性が著しく増した事や、通信網の発達により動画配信や配車、Eコマースなどといったサービス提供が一般社会に広く、そして深く普及した事があげられます。

さて、こういった概念、サービスを提供する基盤となるIT環境、とりわけCloud環境と呼ばれるものは一体どのような要素で構成されているのでしょうか?我々はそれを「Network」「Compute」「Storage」の3セグメントと位置付けております。中でも我々は今後更なる重要性を担っていくセグメントとして「Storage」に着目し、以下のような課題を解決すべくソリューション提案を行っています。

I’m in trouble! Cloud環境の課題

365D24H

継続的なサービス提供や運営を行う為にはノンストップでの運用が前提となります。データ及びシステム構成の冗長化や単一障害点の排除といった対策を取る必要がございます。

多大な消費電力

継続的なシステム運用を考えた時に運用コストに対して大きく寄与するのが消費電力です。データセンターではPUEで効率性を求めますが、そもそも一つ一つの機器自体が低消費電力を実現する事で、効率では無い消費電力量自体の削減を目指す事が可能ではないでしょうか?地球環境への配慮も含め、非常に重要な課題点であると我々は考えています。

物理的な集積率

仮想化環境が浸透して久しいですが、仮想化環境を実現するのは物理的な機器です。設置場所の増加はコストの増加と等しいので、可能な限り設置場所あたりの集積率を増していく必要があります。但し、集積率の増加とともに熱に対する配慮も必要なのでこれらを考慮した機器を選択する必要があります。

大規模な導入コスト

現在のエンタープライズ向け機器はその信頼性や機能がゆえに、導入コストが非常に高い点が課題として挙げられます。機器自体のコストはデータセンターの場合回収率に大きく関わりますし、企業様の導入にとってもスモールスタートし難いといった問題点になりがちです。

処理能力の不足

生産技術の進歩によってHDD、SSDは大容量化が進み大規模なストレージ環境が実現可能となっていています。しかしながら、Storageに求められる役割は仮想化基盤やSaaSといったアプリケーションを前提としたものが増え、今や単純な保存の枠を超えて容量肥大化にあっても同時に性能向上が求められています。

Just Bunch of Network Disks! CMVL-1U12Bという新しい解決策

安全なシステム設計

冗長化されたSwitch Module、電源や12の独立したARM基板が徹底した単一障害点の排除を行います。構成部材の単一故障によるシステム自体の破損を防ぐように設計されています。

消費電力の削減

ARM自体はTDP僅か4W程度。システム電源は600Wで全てをまかなえてしまいます。地球環境に優しく、運用面ではご予算にも優しいご提案です。

省スペースの実現

1U筐体の中に12のARM Base Serverが入っているこの製品は非常に高い集積率を誇ります。既存のシステム設計概念を覆すこの風貌を是非一度ご覧ください。

導入コストの削減

我々のソリューションにはソフトウェアがついていません。もちろん導入マニュアルは存在しますが、納入15分後にデータリカバリー機能を使用するような事は出来ません。しかしながらそれを補って余りある、文字通り桁違いのコストメリットをご提供します。

スケールアウトの容易な実現

一つのHDD/SSDに一つのARM基板。これは一つの胃袋に一つの頭がついてくることと一緒です。三人寄れば文殊の知恵。容量とともに物理的な処理能力もアップしていく、まさに理想的なスケールアップ環境を実現できます。

Why Not!? 我々と手を組む3つのメリット

既存の概念から逸脱した安定性

どんなに優れたシステムも壊れます。必要なのは故障を前提とした製品設計・システム構成では無いでしょうか?CPUが完全に破損したとしても、我々の製品は平気な顔で動き続けます。そう、最後の1ARMになったとしても。次々と傷を負っても弱音を吐かずに働き続ける、男の中の男です。

驚愕のコストメリット

先ず製品自体の単価が安い。省電力による運用コストも安い。導入のみならず日々のコストまで安いとなればもはや選ばない理由は存在しません。

恐れ戦く大容量化

非常に優れた省電力性が実現する驚きの集積率でペタバイトクラスの大規模ストレージがわずかなスペースで構築可能です。仮想化の波に揺らめきながらも物理的制限は決してなくなる事がありません。

PAGE TOP
footer_ico
Copyright © Portwell Japan, Inc. All rights reserved.